トゥールとロワール渓谷

フランスを代表する著名な職人達を数多く輩出。重要な学術機関が集まり、最も美しいフランス語を話す地域。

トゥール・プリュモロー広場

Tours(トゥール市)

「王家の谷」「フランスの庭」とも称される歴史の中心舞台となった地域。 その中心であるトゥレーヌ地域はフランス語の発祥の地とも言えます。

世界遺産にも登録されているロワール渓谷は、何百とも言われる古城が乱立する地域で、中世時代、ルネサンス時代、帝政時代、近代に至るまでの様々な時代のお城や文化遺跡、庭園が残っているとても美しく、観光名所が多い地域です。 トゥレーヌ地方はその穏やかで調和が取れた土地柄から、歴代のフランス王を魅了し、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ピエール・ロンサール、フランソワ・ラブレ、ルネ・デカルト、オノレ・ド・バルザック、ジョージ・サンド、アルフレッド・ド・ヴィニー・・・といった、数多くのフランスを代表する作家、詩人、哲学者達が生まれ育ち、住んだ場所。そういった経緯を引き継ぎ、今でもフランスのみならず、ヨーロッパを代表するような文化遺産、食文化、学術研究機関が集まっている地域でもあるのです。

                     
ロワール渓谷

Val de Loire(ロワール渓谷)

フランスの古都、現在では「プチ・パリ」とも称される都市。

トゥールは15世紀半ばから16世紀にかけてフランス王国の首都ともなり、この時期の芸術的建築痕跡を顕著に見る事ができます。また、絹、及皮革製品工場がある都市としても名を馳せています。19世紀には都市は主に鉄道の開通と印刷業者であるマム家のおかげで緩やかな発展を遂げました。新世紀の変わり目には、トゥール出身であり、パリのオルセー美術館などを手がけた著名な建築家、ヴィクトール・ラルー氏によって市庁舎、駅、サン・マルタン教会といった沢山の建築物が手がけられ、今もその華麗な建築様式を見る事ができます。
ロワール渓谷地域の情報をもっと詳しくみる。